映画「拳銃王」ネタバレあらすじ結末と感想

拳銃王の紹介:1950年アメリカ映画。実在のガンマン、リンゴ・キッドことジョニー・リンゴを主人公のモデルとした西部劇作品です。数多くのガンマンたちから命を狙われている早撃ちの名人が、別れた妻と息子と和解しようと妻たちが住む町を訪れたのですが…。 監督:ヘンリー・キング 出演者:グレゴリー・ペック(ジミー・リンゴ)、ヘレン・ウェスコット(ペギー・ウォルシュ)、ミラード・ミッチェル(マーク・ストレット連邦保安官)、ジーン・パーカー(モリー)、カール・マルデン(マック)、スキップ・ホメイヤー(ハント・ブロムリー)、エレン・コービイ(デブリン夫人)、リチャード・ジャッケル(エディ)、アンソニー・ロス(チャーリー・ノリス保安官補)、ヴェルナ・フェルトン(オーガスト・ペニーフェザー夫人)、B・G・ノーマン(ジミー・ウォルシュ)、クリフ・クラーク(ジェリー・マーロウ)ほか 映画「拳銃王」解説 この解説記事には映画「拳銃王」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。 … Read more

映画「デッドロック」ネタバレあらすじ結末と感想

デッドロックの紹介:1970年西ドイツ映画。荒野を彷徨い逃げてきた若い殺し屋キッド。腕には何者かに撃たれた傷があり死にかけているところを、この地に住む中年男ダムが見つける。キッドが手にしているのは大金が入ったジュラルミンケース。ダムは大金目当てにキッドを殺しきれず、彼を介抱することに。狂った娼婦、口のきけない美少女が住むここデッドロックに黒ずくめの殺し屋が静かにやってくる。100万ドルを奪い合い、男たちの闘いが繰り広げられる。スピルバーグをはじめ、ホドロフスキーやタランティーノなどの有名監督が絶賛し影響を与えた作品。音楽は、日本人のダモ鈴木がボーカルを務めたクラウトロック(ジャーマン・ロック)を代表する伝説のバンドCAN(カン)が担当。 監督:ローラント・クリック 出演:マリオ・ドルフ(チャールズ・ダム/ネズミ)、マンソニー・ドーソン(サンシャイン/年長の殺し屋)、マルクヴァルト・ボーム(キッド/若い殺し屋)、マーシャ・ラベン(ジェシー/小娘)、シーグルド・フィツェック(エンゾ/おせっかい)、ベティ・シーガル(コリンナ/娼婦)ほか 映画「デッドロック」解説 この解説記事には映画「デッドロック」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。 … Read more

映画「地獄への道」ネタバレあらすじ結末と感想

地獄への道の紹介:1939年アメリカ映画。アメリカ西部開拓史に名を残す実在の無法者ジェシー・ジェームズの波乱の生涯を描いた伝記的西部劇です。本作では数々の強盗を働いた無法者ながらも人々に愛された存在としての一面も描かれています。翌1940年にはジェシーの兄フランクを主人公とする続篇『地獄への逆襲』が公開されました。 監督:ヘンリー・キング 出演者:タイロン・パワー(ジェシー・ジェームズ)、ヘンリー・フォンダ(フランク・ジェームズ)、ナンシー・ケリー(ゼレルダ)、ランドルフ・スコット(ウィル・ライト)、ジェーン・ダーウェル(サミュエルズ夫人)、ヘンリー・ハル(ルーファス・コッブ)、J・エドワード・ブロムバーグ(ジョージ・ラニアン)、ブライアン・ドンレヴィ(バーシー)、ジョン・キャラダイン(ボブ・フォード)、クレア・デュ・ブレイ(フォード夫人)、ドナルド・ミーク(マッコイ)、ジョン・ラッセル(ジェシー・ジェームズJr.)、チャールズ・タンネン(チャールズ・フォード)、アーネスト・ホイットマン(ピンキー)ほか 映画「地獄への道」解説 この解説記事には映画「地獄への道」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。 … Read more

映画「地獄ヘの逆襲」ネタバレあらすじ結末と感想

地獄ヘの逆襲の紹介:1940年アメリカ映画。西部開拓時代に実在した無法者ジェシー・ジェームズの生涯を描いた『地獄への道』(1939年)の続編となる西部劇です。本作はジェシーの兄フランクを主人公とし、弟を殺した裏切り者兄弟への復讐を誓うフランクの闘いが描かれます。 監督:フリッツ・ラング 出演者:ヘンリー・フォンダ(フランク・ジェームズ/ベン・ウッドソン)、ジーン・ティアニー(エレノア・ストーン)、ジャッキー・クーパー(クレム)、ジョン・キャラダイン(ボブ・フォード)、チャールズ・タネン(チャーリー・フォード)、ヘンリー・ハル(ルーファス・コッブ)、ドナルド・ミーク(マッコイ)、J・エドワード・ブロムバーグ(ジョージ・ラニアン)、アーネスト・ホイットマン(ピンキー)、ロイド・コリガン(ランドルフ・ストーン)ほか 映画「地獄ヘの逆襲」解説 この解説記事には映画「地獄ヘの逆襲」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。 … Read more

映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」ネタバレあらすじ結末と感想

パワー・オブ・ザ・ドッグの紹介:2021年アメリカ,イギリス,ニュージーランド,カナダ,オーストラリア映画。1920年代のモンタナ州。カリスマ的存在と威圧的な態度で周囲から恐れられている牧場主フィル・バーバンクと、対照的に地味な弟ジョージのバーバンク兄弟。ある日、ジョージが未亡人ローズと結婚することになり、その息子を連れて家に越してくることになった。しかしフィルは2人に対して執拗な攻撃を仕掛け、ひどい仕打ちを重ねる。人間関係のバランスが崩れていく中で、やがてフィルは自分の中にある感情を知っていく。 監督:ジェーン・カンピオン 出演:ベネディクト・カンバーバッチ(フィル・バーバンク)、キルスティン・ダンスト(ローズ・ゴードン)、ジェシー・プレモンス(ジョージ・バーバンク)、コディ・スミット=マクフィー(ピーター・ゴードン)、トーマサイン・マッケンジー(ローラ)、ジェネヴィエーヴ・レモン(ミセス・ルイス)、キース・キャラダイン(エドワード)、フランセス・コンロイ(老婦人)、ピーター・キャロル(老紳士)、アダム・ビーチ(エッドワード・ナッポ)ほか 映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」解説 この解説記事には映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。 … Read more