映画「ギャング対ギャング」ネタバレあらすじ結末と感想

ギャング対ギャングの紹介:1962年日本映画。自分を裏切った組織への貸しを取り返すことを誓った男が新しい仲間と麻薬横取り作戦を展開する。カルト映画の帝王となる以前の石井輝男監督が主役に鶴田浩二を、敵役に石井監督晩年の作品にも出演を続けた丹波哲郎を迎えて送り出した白黒アクション映画。『吸血鬼ゴケミドロ』等の映画出演で知られるシャンソン歌手高英男も冷酷なヤクザを怪演。 監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(水原)、三田佳子(百合)、松尾和子(みよ子)、梅宮辰夫(金谷)、成瀬昌彦(男谷)、高英男(塚原)、三井弘次(柳沢)、西村晃(ハルヤマ)、丹波哲郎(波川)ほか 映画「ギャング対ギャング」解説 この解説記事には映画「ギャング対ギャング」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。 … Read more

映画「ソー:ラブ&サンダー」ネタバレあらすじ結末と感想

ソー:ラブ&サンダーの紹介:2022年アメリカ映画。マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」のメンバーである最強の雷神ソーを描いた「ソー」シリーズの第4作であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」第29作目となる作品です。前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』 (2017年)でメガホンを執ったタイカ・ワイティティが続投、2作目『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)までヒロインを演じたナタリー・ポートマンが“もう一人のソー”としてカムバックを果たし、新たな悪役として『ダークナイト ライジング』(2012年)以来10年ぶりのスーパーヒーロー作品出演となるクリスチャン・ベールがMCU初参戦、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の面々もゲスト参加しています。 … Read more