映画「シング・フォー・ミー、ライル」ネタバレあらすじ結末と感想

シング・フォー・ミー、ライルの紹介:2022年アメリカ映画。児童文学書「ワニのライル」を実写映画化したのが本作。傑作ミュージカル「グレーテストショーマン」の音楽スタッフが手掛けたミュージカルです。奇跡の歌声を持つワニと孤独な少年との交流、家族の大切さを描いています。
監督:ウィル・スペック/ジョシュ・ゴードン 出演:ウィンズロウ・フェグリー/宮岸泰成(ジョシュ)、ハビエル・バルデム/石丸幹二(ヘクター)、コンスタンス・ウー/水樹奈々(ミセス・プリム)、スクート・マクネイリー/関智一(ミスター・プリム)、ブレット・ゲルマン/吉野貴宏(グランプス)、ショーン・メンデス/大泉洋(ライルの声)、ほか

映画「シング・フォー・ミー、ライル」解説

この解説記事には映画「シング・フォー・ミー、ライル」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。

ニューヨーク。一流のショーマンになることを夢見るヘクターでしたが、なかなか上手くいかず劇場から締め出される始末。ある日、ペットショップで偶然目にしたのは、人間の歌声を響かせる小さなクロコダイルワニ。ライルでした。

とても綺麗な歌声で歌うライルに、ヘクターは可能性を見出します。連れ帰られたライルは共に過ごしていくうちに少しずつヘクターに心を開いていきました。

体も大きくなったライルは、いよいよ初めての舞台に立ちます。しかし、大勢の観客を前にしたライルは固まってしまい、ステージをダメにしてしまいます。ライルで金儲けを考えていたヘクターは呆れ、ライルを残して家を出てしまいます。

それから18ヶ月が経ちました。さらに大きくなったライルの前に、プリム夫妻と息子ジョシュが引っ越してきました。バレないよう気を配っていたライルでしたが、ジョシュにすぐバレてしまいます。しかし、ジョシュは怖がることなく、ライルを気に入りました。

それからジョシュとライルは、喋ることは出来ませんが歌でコミュニケーションをとり、すっかり仲良くなったのです。それから学校では友達もできず孤独だったジョシュは、ライルのおかげで自分に自信が持てるようになったのです。

ミセス・プリムはジョシュの本当の母親ではありませんでしたが、本当の母親のように愛情を込めてジョシュを育ててきました。少し過保護なところがあったためか、最近ミセス・プリムなしでも元気に学校に通っているジョシュを見て、少し寂しい思いをしていました。

それがライルという歌うワニのおかげなんだと知ったミセス・プリム。ライルの歌に魅了され、またライルは味方を手に入れました。そろそろ家長であるミスター・プリムにも言わなきゃと、ライルのことを伝え、ミスター・プリムが腰を抜かしているとそこへ、ライルを求めて、いなくなっていたヘクターが帰ってきました。

ライルを受け入れようとしないミスター・プリムでしたが、全力でミスター・プリムに受け入れて貰おうとしたおかげでミスター・プリムとも打ち解けることができたのです。そしてライルはプリム家には欠かせない存在になりました。

そんなライルの姿を見たヘクターは、今のライルならステージに再び立つことが出来るかもしれないと考え、ステージに立つ準備を始めます。しかし、ジョシュは無理に立たせたくないとヘクターに不満をぶつけます。案の定ライルはステージで失敗してしまい、落ち込んでしまいました。そんなライルをジョシュは慰めます。

その後、ヘクターに金を渡してライルのことを聞き出したグランプスが、ライルのことを通報し、ライルは動物園に連れて行かれてしまいました。ジョシュは毎日動物園に通います。しかし1人寂しく歌うライルをどうすることも出来ません。

そんな健気な姿を見たヘクターは改心し、ライルを助けようとジョシュに提案します。そして夜の動物園に忍び込みました。檻に忍び込んだヘクターに野生のワニが襲いかかります。絶体絶命のヘクターを助けたのは心を閉ざしていたライルでした。

園外に逃げた3人でしたが、警備に囲まれます。ヘクターはおとりとなり、ジョシュとライルを逃します。ヘクターは言います。ライルが危険な存在ではないと世間に知らせる必要があると。

ジョシュは「次のスターは君だ」という宣伝文句を目にし、ライルをもう一度ステージに上げることを思いつきました。ジョシュに導かれ歌い、踊るライルに、観客は徐々に魅了されていきライルは一躍人気者になってしまいました。

人気者になったライルでしたが、今でもジョシュたちといます。今日は家族でバカンスに出かける日です。全米ツアーを断られたヘクターは残念そうですが、家族といることがライルにとっては何より大切なことなのです。

以上、映画「シング・フォー・ミー、ライル」のあらすじと結末でした。

Leave a Comment