映画「ジャンゴ 繋がれざる者」ネタバレあらすじ結末と感想

ジャンゴ 繋がれざるの紹介:2012年アメリカ映画。奇才、クエンティン タランティーノ監督が初めて西部劇を撮った作品で、奴隷時代のころを華麗なタッチで映像に写し、大ヒットを記録します。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツ、ケリー・ワシントンほか

映画「ジャンゴ 繋がれざる者」解説

この解説記事には映画「ジャンゴ 繋がれざる者」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。

1858年のアメリカ、テキサス州、まだ奴隷制度が色濃く残っていた時代のことです。白人のスペック兄弟は、多くの黒人奴隷を連れて、地主のところへ移送していました。そこに歯科医のトラックを運転している男が現れ、奴隷たちにトリプル3兄弟のことを聞いて回ります。すると一人の奴隷が名乗りを上げてきます。彼はジャンゴというらしいです。するとその歯科医のトラック男は、この奴隷を購入すると言い出します。当然スペック兄弟は、これは売り物ではないといい、断固拒否します。そして歯科医のトラック男、名をキングと言い、彼はスペック兄弟の一人を射殺し、さらに一人の足を撃って立てなくすると、ジャンゴとともにその場から去ります。

キングはなぜか奴隷制が大嫌いな性分で、ジャンゴを自由の身にします。キングたちはエルパソという町に到着すると、黒人が禁じられている酒場へと足を踏み入れます。そこでキングは、ジャンゴに彼の身分を明かします。なんと彼は、賞金稼ぎとして生計を立てていたのです。そして、トリプル3兄弟を追っているから、ジャンゴにも手助けしてもらいたいというわけです。もし、ジャンゴが3兄弟を見つけてくれたら、もう自由にしてあげるし、それに賞金の75ドル、そして馬ももらえるというので、ジャンゴは大喜びで承諾するのです。

彼らはトリプル3兄弟が誰なのかを探るために地主たちを訪ねていきます。キングが屋敷の人と話しをしている間に、ジャンゴはトリプル3兄弟のうちの2人を見つけてしまいます。そのとき、彼らは奴隷を鞭で打とうとしていました。ジャンゴはとっさに一人を撃ち殺し、さらにもう一人を鞭で壮絶に叩くと、最後は射殺します。そしてある一人が馬で逃げていきます。騒ぎを聞きつけたキングは、ジャンゴからあの馬に乗っている男が3人目だと言われ、撃ち殺します。農場主は彼らが法的に守られていることで、自分の土地で起きたことに何も対処ができませんでした。

でも、彼らは夜になってあのクークラックスクランの変装をしてキングの馬車を襲います。しかし、馬車には爆弾が仕掛けてあり、派手に爆発すると、多くの変装男が死亡します。そして逃げていく農場主をジャンゴは一発で仕留めるのでした。これで晴れて完全に自由の身になったジャンゴでしたが、キングにあと一つ頼みごとをします。

それは、ジャンゴの妻を取り戻すことでした。キングは賛成します。ジャンゴは冬の間、キングのお手伝いをしながら過ごします。そして春になると、キングたちはついにジャンゴの妻の居場所を特定します。しかし、その場所とはとても冷酷で残酷な農場主が支配している土地でした。

その農場主は、奴隷同士を死ぬまで戦わせて自ら楽しむなど、大変趣味が悪い人間でした。ジャンゴは彼の土地で、白人と猟犬に追われている一人の黒人奴隷が目に入ります。そこでキングがお金をだしてこの男を買うと言い出します。しかし、農場主は、こんなやつは価値がないと言い放ち、男は猟犬に食われてしまいます。そんななか、ジャンゴたちはこの農園で奴隷でありながら権力のあるスティーブンと会います。

そこで彼はジャンゴが馬に乗っている姿を見て、びっくり仰天してしまいます。彼は黒人が馬に乗っているなど想像ができなかったのです。スティーブンが農場主と会話している内容から、ジャンゴの妻が囚われていることを知ります。そこでキングは妻に会わせてほしいといい、妻に会います。そしてあなたに会わせたい人がいるというと、ジャンゴが妻の前に現れました。感動的な再会に、彼らは喜びます。農場主の主催で、夕食が行われ、そこでスティーブンは何やら農場主に耳打ちをしました。その内容とは、ジャンゴとその妻が知り合いであり、キングは妻を買って逃亡を企てるというものでした。

これを知った農場主は大激怒し、ジャンゴたちの武器を全て没収してしまいます。そして本当にほしいなら多額の金額を払ってほしいとキングに言うと、キングは言われた通りに払います。そしてジャンゴは妻を手に入れますが、キングは農場主を殺したあとに白人に射殺されてしまいます。

これに切れたジャンゴは、暴走して数人の白人を血祭りに仕上げます。そこにスティーブンが来て、彼を殴ると、裸にされ、宙吊り状態となります。スティーブンは熱したナイフで、彼の局部を切り取ろうとしますが、スティーブンの考えが変わり、ジャンゴを鉱山奴隷として売ることを決意します。彼は鉱山へ行く途中に、運搬の人に俺は奴隷じゃなくて賞金稼ぎであり、お尋ね者のビラもちゃんと持っていると言います。それを見た彼らは、ジャンゴを信じ、彼を釈放します。するとジャンゴは運搬人を殺して、鉱山行きだった奴隷を解放します。

ジャンゴは農場主のところへ戻ると、キングの遺体に礼をつくし、残りの白人を殺戮していきます。そして妻を見つけ、外へ避難させると、ダイナマイトを設置し、スティーブンは爆風により粉々になり、死亡します。家を破壊したジャンゴは、妻とともに馬で走りさります。

Leave a Comment