映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」ネタバレあらすじ結末と感想

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴの紹介:2007年日本映画。平家と源氏が西部劇となっているという設定で全編のセリフが英語という異色作であり、ヴェネチア国際映画祭にも出品された作品です。
監督:三池崇史 出演者:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、堺雅人ほか

映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」解説

この解説記事には映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」のネタバレが含まれます。あらすじを結末まで解説していますので映画鑑賞前の方は閲覧をご遠慮ください。

一人の孤独なガンマンは、ユタの町へと降り立ちます。その町では赤い色の平家と白い色の源氏が交戦を続けていました。ガンマンは彼らのどちらかに加わるよう言われますが、断ります。その代わり、彼はルリコという女性から保護を受けます。

ルリコは彼にこの町は金の鉱業で成功したが、平家と源氏の両家が金を巡って争い始めたために衰退したとガンマンに語ります。また、平家のリーダーである清盛が配下のアキラを殺すまで、アキラが源氏の女性であるシズカと結婚して平和に過ごしていたと保安官は語りました。シズカは生まれてきた子供の保護のため、売春婦となったのです。シズカの息子であるヘイハチはそれ以来、赤くて白いバラに気をくばっているとのことです。

その後、ガンマンはその売春婦と会うために源氏の手先である余市との戦いに勝ちます。ガンマンは源氏のリーダーである義経と会話をし、売春婦に対して息子とともに明日、町を出るように促します。翌朝、シズカの警告の後に保安官は平家の清盛に源氏の計画を知らせてしまいます。清盛はガトリングガンを用意し、源氏を迎え撃とうとします。シズカはその後、息子を連れて町を出ようとしますが、用心棒の余市により、撃たれてしまいます。ガンマンはこの戦いに介入をしようとしますが、源氏に銃を落とすよう強制されます。シズカはなんとか余市を撃つことに成功します。

その後、ルリコと名乗る女性が現れ、アキラが彼女の息子であったことを証言します。ルリコは町の中央で金を胸の上に乗せ、源氏を誘います。そして源氏はガンマンとルリコにより銃撃されます。ルリコは息子の復讐のために清盛を殺します。
全てが終わり、ヘイハチは雪の中のバラを見て、愛と言います。数年後にヘイハチはイタリアへ渡り、ジャンゴと呼ばれる悪漢になったのでした。

Leave a Comment